カテゴリ:仏教( 20 )

三法印・釈迦如来のとことか良く分からんけどw
ごめん!私には理解するのは難しかったです。

[PR]

by jackthin | 2010-10-11 02:35 | 仏教

今年もお盆は福岡県飯塚市の明光寺さまへ行ってまいりました。今年で二回目です。

さて久しぶりに明光寺に行って大きく変わった事と言えば前住職がいらっしゃらない事。去年のブログに書かさせてもらいましたね。こちら

新幹線で博多駅に着き、飯塚まで約30分。
寺に到着すると台所には坊守さんと何人かの門徒さんが。
あらジャクシンさんようこそようこそなどと言いながら門徒さんが中に招いて下さいました。
坊守さんにご挨拶しようとしたら
「化粧しとらんけん、よか!」お化粧をしてないので会ってご挨拶するのは控えさせていただきますね、の意

70も過ぎて相変わらずカワイイ坊・守・さ・ん

台所のとなり、門徒会館の大広間というか対面所というか
そこにいつも前住職がいらっしゃったのだが、今年はイヤ今年からその場にお姿は無い。
去年はイスに座りながら電話番をして、司令塔のようにバリバリ活躍されていた前住さん。寂しいかぎりだ・・・


もう先に到着されているイチローさんとも半年振りぐらいの再会。
心なしかマリナーズイチロー度が増している。

その一時間後、イッチーさんがお寺に到着。
おお、痩せた?痩せましたよね?
広島のお寺の法務員を辞め忙しい時のみ法務をされてるらしい。
しかも彼女が出来たらしい。オモデトーゴザイミース

第一日目は地域の盆踊りと重なり・・・

e0172298_239564.jpg

二日目三日目とのんびり
e0172298_23103117.jpg

最後の日はお土産に明太子とひよこ饅頭をかなり多めに頂きました。
e0172298_23122839.jpg


画像では分かりにくいが銀色の袋が明太子で100本ぐらいあります。
黄色の箱はかなりの数のひよこ饅頭です。

今年ものんびりと過ごさせていただきました。流一住職には「馬車馬のようにバリバリ働きます!いや、働かさせていただきます!」と豪語してたのに。

住職はじめ皆さんのお陰で楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございます。
個人的にはイッチーの「ズラバンダー」の話(イッチーのナマンダーブが何回か続けて聴くとズラバンダーに聞こえる、と言う話)と
イチローさんがお盆参りにヘトヘトになって疲れて帰ってきて
「何のためにお盆ってあるんすかねー?」
の一言が大ヒットでした。今年も大笑いの三日間でした。
[PR]

by jackthin | 2010-08-29 23:59 | 仏教

先月はかなり忙しかった・・・

いつもの4時半には起床し、軽く外を掃除した後お勤めをする。
時間があるのでゆったりと正信偈を一字一字確認するかのようによむ。
言い過ぎかもしれないが聖人のお心に触れたような気がする。

お勤めの後が私のささやかな楽しみ。
最近購入したKEF 104でヨーロピアンサウンドを堪能しながら挽きたてのモーニングコナコーヒーを頂く。
おっとおっと、こうしている間に子どもが幼稚園に行く準備をしている。いつの間に起きてきたのか?いつもすんなり起きるから気付かない。大人しい子だなぁ、もうちょっと手がかかって欲しいなハッハッハ

子どもを送り出した後、参拝の方が来られた。
初めての方だったが毎朝ここを通るのだそうだ。
「いつも外まで良い声が響いてるので入ってみたかったんですが今日は思い切ってお参りに来ました」との事。
ハッハッハそれはようこそようこそなどと言いながら仏縁に感謝して軽く大経を拝読する。
その間参拝者は涙を流しながらお経を聞いていた。よほどお辛い事がおありだったのだろうと理由をそれとはなしに探ったら、ただ単に私の声に感動したと仰ってた。
このお方で丁度2000人目の門徒さんとなった。

正午には飛行場へ行く。向かうは伊丹空港。
と言うのは大阪八尾は顕証寺と光蓮寺とはしごで法座があるからだ。
毎年お呼びがかかりご贔屓にしてくださる。
そしてあくる日は朝からラジオだ。
大阪毎日放送の『ありがとう浜村淳です!』にコメンターとして出る。
浜村さんのトークを全てねずっちバリに謎掛けで答え、そのままの勢いで『こんちわコンちゃんお昼ですょ』に続けざまに出る。

自坊の様子が心配だったので妻に電話をかけると「もう全て月忌参りは済ませましたby妻」との事。

帰りの伊丹空港で焼き鯖寿司とマネケンのワッフルを買って帰るのだった・・・
今月も忙しかったな~
……
…。



というような坊さんになりたいな~帰りに焼き鯖寿司とワッフルを買って帰る以外は全て創作&妄想です

[PR]

by jackthin | 2010-08-10 03:13 | 仏教

大阪で部屋探しをしていた頃の話し。

不動産の営業マンと待ち合わせをし、車の乗せてもらったのだが私が僧侶だと分かると

「へー、じゃーやっぱ霊とか見えるんですか?」

とバックミラー越し上目使いに聞いてきた。

ヲイヲイそうじゃないだろ と
坊主と霊は関係ないだろう と

幽霊が出るなんてのを宣伝文句にして参拝者というか見物客が増えているお寺もあるが、引導を渡しておいて成仏もさせらんないなんて自分の無力さを露見させてしまっているのと相違ない。皆さん霊がでるお寺さんはある意味要注意でっせ(もしくはそんな事言ってる住職は要注意)

地元に帰ってきても似たような質問を受ける。受けるというかもう「霊ありき」で話が進む。

「うちのじーちゃんはまだ49日すぎとらんからまだ家の屋根の上でぐるぐる回ってるのかーい?」
「亡くなった〇〇は寂しそうに枕元に立ちます。本当に寂しがってるんでしょうか!?」

オーイモシモシ、その寂しがっているのもぐるぐる回っているのも迷っているのも笑ってるのも怒ってるのも全~部ひっくるめて“自分”ではないですかー?

こういう質問には私はある唄をもってお答えしている。
「皆様、我々日本人の先達は霊の正体を知っていました。そのことをいにしえより唄に込めて語り続けてきました。それでは私がちょっと唄わして頂きます」
と唄い始めるのがこれ↓

実に深い歌詞です・・・

[PR]

by jackthin | 2010-08-04 02:48 | 仏教

浄土真宗 社会派というブログがございます。

ついこの間までは「浄土真宗 愚禿派」
その前は「愚痴の坊さん」なるタイトルだったと思います。
よくタイトルが変更なるブログなんですが、タイトルとは裏腹にほのぼの系で非常に和むブログです。
ブログ主の暇坊さまはご自身の愚痴をブログを通して書き綴っていると仰ってましたが、この「そうだ、寺建てよ。」も基本的には愚痴アリ、自己満足ネタアリ、perfumeアリの何でもブログです。

と言う事で今日は私も愚痴ってみたいと思います。
今日は単なる愚痴です。以下注意


以前、こちらに地元寺院の布教のあり方に疑問がありました。簡単に言えば通夜や法事でお説教らしい事を何故しない!?と言う疑問です。あんたらのお経は聞くだけでありがたいのかい!?西本願寺・東本願寺・真言宗の坊さん何故お説教をしないの?私が勤めていた大阪では坊さんとお説教はワンセット。聞いてくれる人がいればここぞとご法話を始めるのが坊さんだと思ってたからあなた達の布教の仕方は私には出来ませんです。むしろお経だけ読んでお布施を頂き堂々と帰れるあなた達の度胸に感服いたします。謹んでお慶びを申し上げます。

今度、地域の僧侶たちで集まりませんか?集まって地元仏教会を発足させましょう!情報交流会みたいなものです。今まで仏教会が無かったのがおかしかったんです。
そこからが始まりです。
この地に仏教の教えをひろめていきましょう。皆さんが感動した仏教を。
私も微力ながら役目を果たしたいと真剣に考えております。
私などはお寺も持たずに活動している坊主で皆さんの仲間に入れる立場ではないことは承知の上ですが、是非とも仏教者の集いの発足をお願いします!

[PR]

by jackthin | 2010-05-24 02:09 | 仏教

 小学校低学年のことだったと思います。改築前の古いお寺の本堂で昼寝をしていた私は、私の手を握っている父に気付きました。気まずくて起きるに起きられず。寝たふりをしていましたが、そのうちに寝てしまったのでしょう。その後の記憶がありません。
 最後の時、冷たくなった父の手を握り、幼いころ握ってもらった手の暖かかったこと、言いようがない安心感の中で眠ってしまった思い出を初めて父に話しました、「お世話になったなぁ、お父さん、ありがとう」聞こえていたのか聞こえていなかったのかはわかりません。そう言ってしばらくしてから呼吸が止まりました。
 最後は、食べ物を受けつけず水分だけの一ヶ月でした。それでも言葉が出る限り、お見舞いにこられる方々に、病床で確かめられた阿弥陀様のはたらきのすごさを話し続けていました。話ができなくなって、言葉が聞き取りにくくなってからも「ありがとう」「よかったね」「お世話になったね」「南無阿弥陀仏」。言葉が出なくなり、苦しそうな咳と、荒い呼吸がつづきましたが、父にとってはそれも南無阿弥陀仏の大きなはたらきの中だったのでしょう。
『太陽は遠くにありますが 光となり熱となって 今、ここ 私にやってきています 今は亡き あの人もまた・・・・・・』釈徹昭
 大きなはたらきの中で生かされていた小さな七二年の生涯でした。父になりかわり「ありがとう」「ごめんなさい」                              合掌




あるお寺の前住職の葬儀がございました。
その時の御会葬御礼のおとこばです。書かれたのはその長男である現住職さま。
大変温かみのある会葬お礼のお言葉である・・・
亡くなった前住職とは知り合ってまだ日が浅かったので短い短いお付き合いとなってしまいましたね。
でも心に残ることばはいっぱい残してくださいました。
寂しいですがしばしのお別れです。

[PR]

by jackthin | 2009-12-19 01:33 | 仏教

最近お若い方からコメントをいただけるようになった。
お聞きすれば高校生(1年生だったかな?)

お名前は釋證眞(シャクショウシン)さま
その釋證眞さまのブログがこちら

『門徒 釋證眞のブログ  無盡蔵』

皆さん読んでみて!ビックリですよ!

かなり真宗教義を理解されてる。
高校生ですよ!しかもお寺の子ではなく門徒さん。
お名前を見ればお分かりのように既に法名を頂いてる。
特に荘厳やお作法関連の記事が多いみたいですが
こりゃ荘厳の勉強・復習にはもってこいですね。
(忘れてる部分はこっそり読み返してみよう)

門徒さんの立場から我々僧侶に対しても
ピリリと辛口、小気味良い文章で簡潔に意見を述べられている。

今年最後にやってきた大型新人。
これからも楽しみなブログが増えました^^

[PR]

by jackthin | 2009-12-12 00:49 | 仏教

2階にある本棚を整理していたらこんなものが出てきた。

e0172298_0561178.jpg

横にある春駒は余計ですが・・・
袋も閉じたままの状態です。

e0172298_0574640.jpg

中身は『納棺夫日記』
(だから春駒は何なんだっ!)

何故、既に持っている本を2冊も買ったのかというと
葬儀関係者にあげようと思って買っておいた。

でもあげたいと思う人がいないなぁ・・・
[PR]

by jackthin | 2009-11-21 01:11 | 仏教

無事お彼岸法要も終わり
仏教壮年会の方々、仏教婦人会の方々、門徒総代の方々と
反省会をかねて
お疲れ様でした~の打ち上げをしました。

e0172298_0151269.jpg

福岡の男達は飲む飲む!そして語る語る!そんでもって語る声の音量がデカイ!

門徒会長の奥さんと御門徒のTさんが喋ってるのを横で聞いてて

「この二人、ケンカおっぱじめた・・・」

と本気で勘違い。それほど声がデカイし荒い。



でも
この写真を見てください↓
e0172298_021342.jpg

仏教婦人会の歴代会長さん達はほんっっっとに上品な語り口。見るからに上品ですよね~。
野獣のような男性陣とは全然違います。

前婦人会会長さまから
「千の風になって」
のリクエストがありましたので
エエ歌いましたよ!
しっかり歌わせていただきました。
ご法座で歌のリクエストって初めてでしたけど
ノリノリで歌わせていただきました。



あるお説教のご講師が

「福岡の人は話の聞き方が上手い」

と仰ってました。今回わたしもそう感じました。

明光寺住職をはじめご門徒の皆様
ありがとうございました!







《追記》

今回、夜中にラーメン屋さんに行ったり沖縄ダイニングバーに行ったり
飲みに行ったりしましたが、それ全件付き合ってくれた方が3人いました。

1人目は“山さん”っておっしゃる住職の友人で若い女性の方です。
愛車ラパンでお寺まで迎えに来てくれてお酒も飲まずに何時間も話しに付き合ってくれて
最後は必ずお寺まで送ってくださった優しい女性です。
お陰様で色んなところに遊びに行けましたありがとうございました!

2人目は“KITAJIMA君”
来年成人式を迎える彼は四国・香川から福岡・飯塚に引越しして4年。
ゲーム好きの彼はいわゆるOTAKU
私はゲームはしないが同じ匂いをKITAJIMA君に感じてお互い意気投合。
イチローさまを始め、また福岡で人生のソウルメイトとなる人物と遇ってしまった。
スゲーぞ、福岡県!

3人目はもちろん住職のりゅういちさん。
3日間本当にお世話になりました。
毎日お疲れのところ私を楽しますために
色んな所へ連れて行ってくださって(しかも住職のおごりでw)
ありがとうございます。
カラオケ上手すぎ!またサザン聞きたいな。
[PR]

by jackthin | 2009-09-25 01:13 | 仏教

先月8月、お盆参りでお手伝いさせていただいた福岡県は飯塚市にある明光寺さんの秋のお彼岸へ行ってきました。


「いってらっしゃ~い」とフェリー乗り場まで見送りに来てくれた妻と娘
(画像中心の“黒点”のような人影がそれです)

e0172298_10312765.jpg


フェリーで12時間かけて鹿児島港まで行き、
鹿児島市に住むジャクシン姉の車を借りて
一路、福岡県飯塚市へ。


福岡ではいろんなことがあって(省略しすぎ!)
あっという間にお彼岸法要の3日間は過ぎたのですが
今回はりゅういち住職のご案内で色々と“食”を堪能させて頂きました。

まずは
韓国焼肉のすから!(なつさんブログ「なつのさら。~筑豊飯塚グルメレポ~より)
本格的な韓国焼肉は初めてだったのですが、そのタレの味にビックリ!
今まで食した焼肉のタレと全然似ていない。
と言っても変わった味ではなくちゃんと「焼肉のタレ」って分かる。
うん、今までの焼肉で一番美味しい!
と言う事で暫定世界一の焼肉屋さんです。


続きましてラーメン。
福岡と言えばラーメンですね!
住職には九州筑豊ラーメン山小屋っに連れて行ってもらいました。
飯塚で飲んだ帰り、夜中の1時前ぐらいに店内へ入ると
「1時でオーダーストップで~す」
と言われました。時計を見てみるとオーダーストップ15分前!
急いでバリカタと替え玉を注文。
私が食したのは「田舎ラーメン」でした。

やはりライバル店・有名店が混在する福岡のレベルの高さが
分かった様な気がしました。
シマにはここまで美味しいと思ったラーメン屋さんは残念ながら無いですね・・・

食べ物屋さんもお坊さんも好敵手が多いほどレベルがアップする・・・???
[PR]

by jackthin | 2009-09-24 23:22 | 仏教