<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最近面白いと思ったムービーです。
ミュージカル映画の突然歌が始まる不自然さには賛否両論のだけが目立ちますが、もし日常生活にミュージカルがあったならこんなに楽しいと言うムービーです。

フードコートに紛れ込んだ16名の役者さんがいきなりミュージカルを始めます。
レモネードをこぼしてしまった女性店員がいきなり「ナプキン プリーズ」と歌い始め、戸惑いの表情を隠せないお客さんとは裏腹に隣にいたお兄さん、掃除のお兄さん、警備員がどんどんミュージカルに参加し始めます。


[PR]

by jackthin | 2009-10-29 02:29 | music

先日、教務所の担当者からお電話があり

「組長様に あなたと近隣のお寺と話し合いの場を設けてもらうようお願いしておきましたから」

とのこと。

先日のアレがあったものだからお互いぎこちない。

ぎこちないままお礼を言い、最後に担当者が

「組長様はあなたの真面目な活動を評価しておられましたよ(小声)」

エ?( ̄ー+ ̄)キラーン

ナニナニ?

「あなたの真面目な活動を評価しておられましたよ」by組長

( ̄ー ̄)ニヤ


( ̄▼ ̄*)ニヤリ

・・・

・・・・・・

(* ̄m ̄) ムフ

[PR]

今度、小庵を建てるにあたって表に

「浄土真宗 〇〇庵(寺)」

と掲げて良いものか本山にお尋ねしたら

教務所に聞いてくれる?( ´,_ゝ`)

と言うので担当者にお電話を差し上げたが留守であった・・・

と言うのが前回までのお話でした。




今日、正午頃に担当者の方からお電話がありました。

まさか向こうから掛かってくるとは思わなかったです。

お礼を言い早速本題に入った。

ジャクシン 「小さな庵を作りたいと思ってるんですけど“浄土真宗”を表の看板に掲げて良いものでしょうか?」

担当者 「私としては賛成できません」

ジャクシン 「それは何故!?」

担当者 「まず組長に聞くなりして段階を踏むべきでしょ!?」

担当者 「それに本願寺派のお寺を建立したいんだったら組内のお寺と友好な関係を結ぶ事が先でしょ!?」

ジャクシン 「いや、そうしたいんですが近隣のお寺が私の活動を快く思ってないようなので友好な関係も何も・・・。もちろん私が宗教活動を始めるにあたって最初は組長さんにご挨拶しました(何かカタギの世界ではないみたいになってきたな・・・)」


話をよく聞けば本願寺派以外のお寺からもクレームが教務所に来ていたみたいで。

ジャクシンと言う衆徒が地域の秩序を乱していると・・・

え~っと地域のどのお寺さんもが言う秩序とは宗教活動の事でしょうか?


それと担当者さん!

私が秩序を乱してると言いますが本当に実情を見てご自身で判断されてそう仰ったのですか?

「いちいち、地方のそんな事まで把握しなきゃいけないんですか!?」
と言いますけど、しなきゃいけないんです!! してください!お願いします!

クレームを出したお寺の意見を尊重するのは分かります。“組織”ですもんね。

組織を守ると言う意味ではあなたの言動は正しかったと思いますが“浄土真宗”を守ると言う意味ではどうでしょうか。私がそんなに悪い事をしているのか是非、現状を把握してください!

「逆の立場だったらどうですか?(新寺建立に)賛成出来ますか?」
何故こんなこと聞くんですか?出来るに決まってるじゃないですか。私達は葬儀に関わる甘い汁を吸うためにお坊さんをしているのではないんですよ。同朋が増えて嬉しいじゃないですか。

もしそれでも葬儀の利権や門徒さんの数が心配なら具体的数字を挙げてみます。

市で人口4万人に対して真宗のお寺は全部で2カ寺、真宗以外のお寺が1カ寺の計3カ寺。

市外では人口3万人に対して真宗のお寺は1カ寺、真宗以外は0カ寺。

人口7万人の島には全部で4カ寺しかお寺が無いんです。

これが人口約3万4千人の種子島では全宗派のお寺の数は約20カ寺ぐらいあるんです。

どうでしょうか?お寺は足らないと感じませんか?既存のお寺と共存出来る可能性はあると思いませんか?

「既存のお寺の息子さんや娘さんが別院を建てるなりしてお寺を増やさないというのは、これ以上お寺が必要ないからではありませんか?あなたが言うようにお寺が足りてないとは言えないと思います」

これは想像というよりも私の妄想の域に入ってしまうかもしれませんが、こんな考え方もあるのではないでしょうか?例えば島では檀家制度と言うものがありません。門徒さん檀家さんを募ってお寺を護持してもらうと言うのはいわゆる教化ですので労力がいるものです。それより誰かが死んでチャチャッと葬儀をしたほうが労力の面でも収入の面でも効率がいいわけです。葬儀だけで1つのお寺で十分にまかなってるとなると・・・2つも3つも別院はいらないわけですね。でもあくまでも想像です。真意は分かりません。

島にはユタ信仰や独自の土着信仰があるから真宗が定着しないのでは?と言う意見もこれから出てくるかもしれませんが、そのへんはほら「南の島へクツを売りに行ったセールスマン」の話でもお聞きになって。

それに担当者さん!最後にあなたに言いたい事があります。私がまだ喋ってるのに

「これ以上話しても埒があかないので電話を切りますよ(ガチャ!)」
ってこれはないですよ!

浄土真宗の看板を掲げて良いかお聞きしたかっただけなのにその答えは「賛成できない」「段階を踏んでこなかったあなたが悪い」「近隣のお寺と仲良く出来ないあなたに落ち度がある」等と具体的なお答えを頂く前に勝手に電話を切るなんて。

NOならNOの明確な理由をお聞きしたかった。それなのに電話を途中で切られて正直失礼と感じました。



さて今日は非常に愚痴っぽいブログ内容になってしまいました。読んでいる方に

「俺にも甘い汁を吸わせてくれよ~」

と言ってるだけと思われなければいいのですが・・・

本当は自分自身をごまかして、葬儀がいっぱい増えて生活が楽になったらいいな、他のお寺は羨ましいな、と思ってるだけだったりして。

いや!そうではない!それぐらいは自分を信じてあげなきゃ!

[PR]

by jackthin | 2009-10-18 23:35

「お寺を建てて良いか本山に尋ねてみた」

う~ん

我ながらストレート且つ幼稚なタイトルだ。




今度、小庵を建てるにあたって表に

「浄土真宗 〇〇庵(寺)」

と掲げて良いものかご本山の寺院庶務部の方にお尋ねしたら

教務所に聞いてくれる?( ´,_ゝ`)

と言うので副輪番の西氏(仮名)にお電話を差し上げたが留守であった・・・

と言うのが前回までのお話でした。




今日、正午頃にその副輪番の西氏(仮名)からお電話がありました。

まさか向こうから掛かってくるとは思わなかったです。

お礼を言い早速本題に入った。

ジャクシン 「小さな庵を作りたいと思ってるんですけど“浄土真宗”を表の看板に掲げて良いものでしょうか?」

西氏 「私としては賛成できません」

ジャクシン 「それは何故!?」

西氏 「まず組長に聞くなりして段階を踏むべきでしょ!?」

西氏 「それに本願寺派のお寺を建立したいんだったら組内のお寺と友好な関係を結ぶ事が先でしょ!?」

ジャクシン 「いや、そうしたいんですが近隣のお寺が私の活動を快く思ってないようなので友好な関係も何も・・・。もちろん私が宗教活動を始めるにあたって最初は組長さんにご挨拶しました(何かカタギの世界ではないみたいになってきたな・・・)」


話をよく聞けば本願寺以外のお寺からもクレームが教務所に来ていたみたいで。

ジャクシンと言う衆徒が地域の秩序を乱していると・・・

え~っと地域のどのお寺さんもが言う秩序とは宗教活動の事でしょうか?

あなた方の宗教活動とは葬儀が主ですよね?それ以外でお坊さんを見たことはありませんもの。

その葬儀も十分に出来てるとお思いですか?

出来てる??

だったら法話ぐらいしましょうよ! お経を読みやすいようにアレンジしないで葬儀規範に則ってちゃんと読みましょうよ! 会葬者が焼香終わった途端、お経が早くなりますけどアレやめましょうよ! ご遺体のお顔を気持ち悪いなどと言わずにちゃんと拝顔させてもらいましょうよ! 
あと・・・
もうやめときます・・・この辺で・・・

あっ!あとお布施の事も言わせてください!

葬儀に3~4諭吉

通夜・葬儀には3諭吉×2

通夜・葬儀・火葬場に3諭吉×2+1

通夜・葬儀・火葬場・納骨式に3諭吉×2+1+2
(若干の数字の違いはあるけど大体こんな感じ)

と明瞭会計。しかも枕経・法話なし・中陰なしの何かと忙しい現代人向けのさっぱりとしたお勤め。

そんな中、私は

夜中に枕経に来るわ

悲しみにふけっているのに通夜で法話はするわ

火葬場休憩室で皆さんと雑談して中々帰らないわ

お布施は提示せず不明瞭極まりないわで

既存のお寺には大変ご迷惑をお掛けしていますね。申し訳ございません。

ピーク時には年100件ぐらいの葬儀される忙しさから生み出された秩序(ルール)でしょうが

あなた達の言う秩序は守れないと言うか守りたくないんです。本当に申し訳ございません。



それと副輪番さん!

私が秩序を乱してると言いますが本当に実情を見てご自身で判断されてそう仰ったのですか?

「いちいち、地方のそんな事まで把握しなきゃいけないんですか!?」

と言いますけど、しなきゃいけないんです!! してください!お願いします!

クレームを出したお寺の意見を尊重するのは分かります。“組織”ですもんね。

組織を守ると言う意味ではあなたの言動は正しかったと思いますが“浄土真宗”を守ると言う意味ではどうでしょうか。私がそんなに悪い事をしているのか是非、現状を把握してください!

「逆の立場だったらどうですか?(新寺建立に)賛成出来ますか?」

何故こんなこと聞くんですか?出来るに決まってるじゃないですか。私達は葬儀に関わる甘い汁を吸うためにお坊さんをしているのではないんですよ。同朋が増えて嬉しいじゃないですか。

もしそれでも葬儀の利権や門徒さんの数が心配なら具体的数字を挙げてみます。

市で人口4万人に対して真宗のお寺は全部で2カ寺、真宗以外のお寺が1カ寺の計3カ寺。

市外では人口3万人に対して真宗のお寺は1カ寺、真宗以外は0カ寺。

人口7万人の島には全部で4カ寺しかお寺が無いんです。

これが人口約3万4千人の種子島では全宗派のお寺の数は約20カ寺ぐらいあるんです。

どうでしょうか?お寺は足らないと感じませんか?

「既存のお寺の息子さんや娘さんが別院を建てるなりしてお寺を増やさないというのは、これ以上お寺が必要ないからではありませんか?あなたが言うようにお寺が足りてないとは言えないと思います」

これは想像というよりも私の妄想の域に入ってしまうかもしれませんが、こんな考え方もあるのではないでしょうか?例えば島では檀家制度と言うものがありません。門徒さん檀家さんを募ってお寺を護持してもらうと言うのはいわゆる教化ですので労力がいるものです。それより誰かが死んでチャチャッと葬儀をしたほうが労力の面でも収入の面でも効率がいいわけです。葬儀だけで1つのお寺で十分にまかなってるとなると・・・2つも3つも別院はいらないわけですね。でもあくまでも想像です。真意は分かりません。

島にはユタ信仰や独自の土着信仰があるから真宗が定着しないのでは?と言う意見もこれから出てくるかもしれませんが、そのへんはほら「南の島へクツを売りに行ったセールスマン」の話でもお聞きになって。

それに副輪番の西さん!最後にあなたに言いたい事があります。私がまだ喋ってるのに

「これ以上話しても埒があかないので電話を切りますよ(ガチャ!)」

ってこれはないですよ!

浄土真宗の看板を掲げて良いかお聞きしたかっただけなのにその答えは「賛成できない」「段階を踏んでこなかったあなたが悪い」「近隣のお寺と仲良く出来ないあなたに落ち度がある」等と具体的なお答えを頂く前に勝手に電話を切るなんて。

NOならNOの明確な理由をお聞きしたかった。それなのに電話を途中で切られて正直失礼と感じました。



さて今日は非常に愚痴っぽいブログ内容になってしまいました。読んでいる方に

「俺にも甘い汁を吸わせてくれよ~」

と言ってるだけと思われなければいいのですが・・・

本当は自分自身をごまかして、葬儀がいっぱい増えて生活が楽になったらいいな、他のお寺は羨ましいな、と思ってるだけだったりして。

いや!そうではない!それぐらいは自分を信じてあげなきゃ!

[PR]

誰にも秘密はあります

私も秘密にしている事はたくさんあります

このブログでも明かしていないこと・・・

本名だったり、住んでいる地域だったり、年齢、年収ナドナド

でも今日はその秘密にしていた事をひとつ

私の宗派名を発表したいと思います

実は

私は

浄土真宗本願寺派の僧侶です!パンパカパ~ン パフパフ

ビックリしました?

「そうだ、寺建てよ。」を始めてから実は自分から浄土真宗本願寺派と名乗った事は無いんです。

( ̄□ ̄;エ? 

バレバレですか?

ほとんどの方が知っていた?

そうですかー 自分から宗派を言ったことは無かったのになー


で、何故ここにきて初めて宗派名を明かしたかと言うと

小さな庵を作るにあたって「浄土真宗」と言う文字を掲げていいものか

ご本山にお聞きしておこうと思い、

またその経緯をこのブログでお知らせしたいと思い

宗派名を伏せてると今後何かとややこしいので発表させていただく事にしました。


さて早速昨日ご本山にお電話しました

ジャクシン 「今度、小さな庵・念仏道場を建てたいのですがその看板に“浄土真宗”の文字を使っていいものかお聞きしたいのですが?」

本山職員 「ワタクシ個人としては良く分かりませんが、そのような事は地方の教務所に一任しております。そちらでお聞き願えますか?」


この電話後すぐに教務所に電話をした

ジャクシン 「(事情を説明した上で)担当の方をお願いしたいのですが」

教務所職員 「担当者は今から法要があります。お時間があればこちらからお電話差し上げます。ちなみに明日と明後日は出張です」


出張後、またお電話しますとだけ言って電話を切った

あ、そうだ一応組長と所属寺の住職にも連絡を取っておかないと


〈つづく〉

[PR]

お葬式には友人代表もしくはそれに準じた方がお別れの言葉を述べますね。
その役目の方は大変頭を悩ます事だと思います。

想い出がありすぎてもそれをコンパクトにまとめるのも大変だし
形式や忌み言葉を気にして型にはまった言葉だけを並べてもありきたりだし
結構大変な役目だと思います。



今日はあるお二人のお別れの言葉を紹介したいと思います。

まずは上岡龍太郎さん
横山ノックさんのお別れ会のときの模様です。

「あなたは大きな太陽です」

「あなたは今、西の空を真っ赤に染めて水平線の向こうに沈んでいこうとしています」

「漫才師から参議院議員、

大阪府知事から最後は被告人にまでなったノックさん(場内爆笑)」

「そして、いつでも、どんな時でも、必ずボクの味方をしてくれたノックさん・・・」



上岡龍太郎さん、現役です・・・
その喋りに衰えは見えません。
見事な前振り、そして大きな笑いと小さな涙で締めくくる。完璧です!
今の芸能界にこの方の代わりになる方は多分いないでしょうね・・・
戻ってきて欲しいな。




さて
西の代表が上岡龍太郎さんなら
東の代表、タモリさん(本当は福岡県出身だけど)

赤塚不二夫葬儀 タモリ弔辞

「あなたの考えは全ての出来事存在をあるがままに前向きに肯定し受け入れることです」

「それによって人間は重苦しい陰の世界から開放され軽やかになり、

また時間は前後関係を断ち放たれて、

その時その場が異様に明るく感じられます」

「この考えをあなたは見事に一言で言い表しています」

「すなわち『これでいいのだ』と」



タモさん真面目に「これでいいのだ」を解いています。
本当に真面目で素敵な方です。
タモさんのギャグも好きなんですが
どちらかと言うとギャグ以外の部分も好きです。
素の状態のタモさん、笑わしにかかってない状態のタモさんも好きです。

“作品タモリ”ではなく“人間タモリ”の部分が見え隠れしてこの弔辞もまた素直に良いと思いました。



弔辞、お別れの言葉とはこうあるべきとして紹介したのではありません。
時間にして5分前後(あまり長くならないように)、
その間に自分の思ってることを素直に
そして自分の言葉で言うのが大事な事ではないでしょうか??

と言うわけで上岡龍太郎さんタモリさんのお言葉を例として挙げましたが
これらを真似する必要はありません。
何度も言いますが
自分の言葉で
短く!(←ここ大事!!!)

[PR]

by jackthin | 2009-10-07 01:59 | 雑記

我が家で1位2位を争うぐらい好きなグッズがあります。

それがこれ

e0172298_22184651.jpg

氷の中に電球が入っているように見えるでしょうか?実はこれガラスで出来ているんです。
デザインハウスのBLOCK LAMPです。
ニューヨーク近代美術館の永久展示品でもあり、そのデザイン性は大変優れていると思いますがどうでしょう??
ジャクシンの寝室のフロアランプとして6年ぐらいになりますが全然飽きが来ません。むしろ使えば使うほど愛着が湧きます。色んなフロアランプを試しました。自作もしたことがあります。が、中々これと言ったモノに出会う事は無かったのですがBLOCK LAMPは
「ついに見つけた!」
と言う感じでした。



先日、ジャクシン妻が衝動買いしてしまったものがあるんです。
それがこれ
e0172298_22191499.jpg

睡仏(眠る仏)というらしいのですが・・・
カワイイといえばカワイイ・・・
全身グリーンですね、と言えばグリーン・・・
最初見たときは微妙な感じでしたが、今では可愛く見えます。


そのお気に入りの2つを組み合すと
e0172298_22261069.jpg

う~~ん、なんか違うな???
仏さんの顔もちょっと怖い。


これでどうだ!
e0172298_22273987.jpg

BLOCK LAMPは隠れてしまったけどしばらくこれで行こう!
[PR]

by jackthin | 2009-10-05 22:29 | 雑記

・ローバーミニ用Hi-Lowキット&スプリング
・2010年スケジュール帳
・マンハッタンポーテージ1603メッセンジャーバッグ
・ユニクロジャージ
・ユニクロ七部袖Tシャツ
・DVD「ナチョ・リブレ 覆面の神様」(中古)


9月のお買い物は以上です。
ミニのHi-Lowキット(47000円)が痛かった・・・

[PR]

by jackthin | 2009-10-01 23:59 | 雑記